鷹匠の食用日記 

DEX1を貫くあほな男の物語

PSU LINK ファンタシースターユニバース検索エンジン PSU!さーち
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご無沙汰しておりました~(・ω・
温泉に行ってスノボしてRFを極限までやってたので、ブログとか更新する暇がなかった~。
全部楽しかった!w
来期はボード買おう!

RFはといいますと、2日間でコネをフル活用してレベル47→48を完了。
ほんともうありがとうございましたm(_ _)m
48機甲にもなれて、イダーでまとめ狩りも出来て、指揮もやってでとっても満足でしたw









元族長あきりんさん

やめられない♪止まらない♪

お尻(・∀・)キュンキュン


本当は自分のカコイイ敬礼姿を載せようと思ったんですが、
気がついたらこっちになってました(*゚ー゚)ゝ テヘ
やはり、エッチな皆さんが居たからこそのこのブログ!
決して私がエッチなわけではないんですよ!
今まで、パンツとかお尻とかおっぱいとか色々ありがとう御座いましたm(_ _)m





2/28夕聖戦(18:00開始)

ちょっと可愛い

機甲で採掘(・▽・


23日もやったんですが、今更いいかな・・・。


2/28夕聖戦
この日は変則で18時からも聖戦があるとのことで、
22時からの聖戦はイベントでどーなるか分からなかったので指揮官へ立候補。

3種族共に規模少ないようなので、ベラ初動は螺旋下へ集結。
アクコラ共に統制待機との報告受け、ベラ南西口→南洞窟A側へ進軍。
南洞窟内部にてアク偵察に見つかる、コラは南下開始。
ベラはそのままACUへ進軍、死なないように戦闘を指示。
コラもACUへ到着し、ACU2国攻めとなる。

ベラコラ押され始めたので、ベラ南口へ後退(ACU:90 BCU:100 CCU:100
Buffチェックしたの後、再度ACU周辺へ進軍、戦闘。
このときアクは、BCUとCCUへ少数派兵してた模様。
復帰参戦にBCU防衛任せる。
BCUのアク排除の報告あり、BCU防衛を南口に進軍(ACU:75 BCU:80 CCU:90

ベラ本隊南口へ後退、BCU防衛と合流。
体制を整えて、ACUへ進軍。
コラとの同時攻めにて、ACU陥落ベラチップ獲得(伝達失敗



~感想~
最後の指揮で勝利を収められてホッとしましたw
チップを取ってくれたコータさんには感謝しとります(*^ー゚)b グッジョブ!!
私としてはコータさんの指揮もっと見たかったなぁ~。

初動はいつも通り、螺旋下から他種族の偵察の動きと本隊位置をみて進軍しました。
相手がどんな動きをしても対応できるのが螺旋下の強みなんです。
これやり始めたの実は私 エライ☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

BCU防衛組と本隊の合流もドンピシャでしたので、特に悔いのない指揮が出来たと思います。
これも、死ぬこと前提で動いてくれた偵察部隊や、
私の思いつきの指揮に従ってくれた皆さんのお陰です。
本当にありがとう御座いましたm(_ _)m









最終の聖戦

懐かしのあの人達

懐かしすぎる!(つд`


SEGAの最後の嫌がらせにより、散々な聖戦になってしまったわけですが、
結局ユーザーイベントに変更したし楽しかったかなw


族長間での話し合いにより、各種族の族長を落とすバトルロワイヤルとなりました。
一言で表すと、凄かったです。

まずは、ベラとアクが螺旋にて激突。
ベラは押され螺旋下まで後退、ここでベラ族長PCダウンw
ダメかと思われたがアクコラの好意により、ベラ復帰。

次に、螺旋中腹に居たアクをコラが背後から強襲!
数の暴力により、アク族長轟沈。
まさかコラがアクを落とすとは思いませんでしたw

最後は、ベラとコラが激突。
ベラが引き気味だったので、コラがじれて突撃したって感じでしょうか。
私としては、ゴリアテライン組んで全軍でコラ族長に突っ込みたかったです。
でもまあ、しっかり楽しめましたw






ラスト

皆さんお疲れ様でした

騒げ騒げ~ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ


最後は中央に集まっての色々騒いでましたw
大変なときもありましたが、そういうのもやっぱり楽しくて、
本当に良いネトゲだったと思います。
移管後もそうであって欲しいと願うばかりです。
それでは、、、



ノバスの皆さん、本当にありがとうございました! ヾ(・ω・)ノシ


スポンサーサイト
■このページで使用されている 画像は(株)セガの許諾を得て, Windows用ゲーム 「ファンタシースターユニバース」 よりキャプチャーしたものです。 配布や再掲載は禁止されています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。